防災設備工事・保守点検・地デジ改修工事を中心に青梅市に事業所を置き地域社会の安全に貢献しています。




●消防設備の保守点検は不可欠
協消防法では設置された消防用設備を定期的に点検し、消防庁または消防署長に報告する義務があります。大切な生命財産、重要な生産設備又は資源等を災害から守るためには、消防設備の定期点検を行う事が大切です。協立防災ではベテランの点検専門スタッフが対応しておりますので、信頼のおける点検・改修が可能です。
平成15年10月1日より施行された消防法改正により、防火対象物の点検を行わなければならない範囲が拡大されました。詳しくは下記を参照ください。

防火対象物定期点検報告制度
消防法の改定により、平成15年10月1日から建物のオーナー等は、建物の防火管理の状況を「防火対象物点検資格者」に点検させ、その結果を消防機関に報告しなければならなくなりました。
点検の期間:1年に1回
点検の資格者: 防火対象物点検資格者
対象となる建物: 「収容人員が300人以上」または「3階以上又は地階に特定用途があり、避難階又は地上へ通じる直通階段(屋外階段などを除く)が1つのもので、収容人員が30人以上300人未満のもの」
罰則: 点検結果を報告しない場合又は虚偽の報告をした場合は、行為者に対し30万 円以下の罰金又は拘留の刑が科せられるほか、その法人に対し罰金刑が科せられます。

点検から修理、改修工事、緊急対応まで当社にお任せください。
点検の内容と期間 ●保守点検契約
物件ごとのお約束事や情報を確認させていただきます。
●保守点検させていただく前の事前調査
事前に建物の規模によって設置されている消防用設備等の調査を行います。
●保守点検の実施
機器点検…6ヶ月に1回以上実施します。機器の適正な配置や損傷の有無を外観から確認、設備の機能を外観又は機器を作動させることにより確認します。
● 総合点検…1年に1回以上実施します。設備の全部もしくは一部を作動させることにより、総合的な機能の確認をします。
●経験豊かな点検資格者が年に2回(機器点検・総合点検)の点検を行います
整備 政令で定められた消防設備等の整備は、消防設備士でなければできません。
点検時に発見した軽微な不具合箇所の整備はその場で行います。
点検済票(ラベル)の貼付(任意) 法令で定められた適正な点検が行われた証として、点検済票(ラベル)を消防設備等の定められた位置に貼付します。
点検結果報告書の作成 点検した結果は、消防庁で定められた報告書、点検結果総括表、点検者一覧表及び点検票に点検者が記入します
過去の点検結果はデータベースに保管されます。不具合箇所があった場合、改修工事の 提案見積書を提出いたします。
報告の期間 ●特定防火対象物:1年に1回
●非特定防火対象物:3年に1回
提出先 ●消防本部のある市町村は消防庁又は消防所長
●消防署のない市町村は市町村長

ついていますか?住宅用火災警報器
住宅火災における焼死者を減少する目的で「住宅用火災警報器」を一般住宅に普及させようとする消防法や条例の改正が進んでおります。東京都(東京消防庁)は、昨年火災予防条例が改正され、平成16年10月1日より施行され、現在東京都内の新築と全面改築の住宅の居室・階段・台所に「住宅用火災警報器」を設置(義務化)する事になりました。全国への対応では、総務省消防庁は昨年6月に消防法の改正が国会で可決され関係政省令や条例も整い、今後各都道府県市町村ごとに各議会で条例化され、平成18年6月1日から施行(実施)されます。新築住宅については施行日から設置を義務づけますが、既存住宅については原則平成20年6月1日、遅くとも平成23年6月1日までに義務化することになりました。
住宅火災で亡くなられた人の多くは逃げ遅れたことが原因とされています。火災警報器をなどにより、少しでも早く火災に気付くことができたら、助かった可能性があるかもしれません。アメリカでは火災警報器の設置が義務化されたことにより、住宅火災による死者が半減したという報告もあります。既に建設されている住宅でもリフォームの機会には住宅用火災警報器の設置に努めるようにしましょう。火災による死者を防ぐため、一人ひとりの防火防災に対する意識と行動力を高めていただくとともに、住宅用の防災機器や防炎製品などの使用について積極的に考えてみましょう。

住宅用火災警報機とは?
住宅用火災警報器は、煙や熱を感知して警報音又は音声で火災の発生を知らせる装置です。
東京都で設置が義務化された住宅用の火災警報器には、設置方法によって乾電池タイプと100Vタイプの2通りに分けられます。また、熱に反応するタイプと煙に反応するタイプがあります。100Vタイプには、出火した部屋以外の警報器に連動して火災を知らせるタイプもあります。
価格はいずれも6,000円〜9,000円台で、火災・ガス漏れ複合型の場合は20,000円前後が目安です。
詳しい内容については当社にお問い合わせください。





by adart
Copyright © 2009 KYOURITSU BOUSAI KOGYO CO., LTD. all rights reserved.